cro求人サイトランキング

契約社員採用のCRO求人をお探しの方へ

→転職サイトランキングへ

CROの仕事で、特定派遣で製薬メーカーをサポートしてくれる場合には、就業先が製薬メーカーとなります。その場合、派遣社員や契約社員ベースでの雇用になるときもあります。新薬をつくる側になるのか、また新薬の治療を受ける、実施する施設で働くことになるのか。その点は仕事が出ているタイミング、また仕事の条件や、あなた自身がどんな仕事に携わりたいのかをしっかりと見極めたり、またキャリアカウンセラーの助けが必要だったりすることもあります。

CROは、臨床開発の業務を受託、また自社社員を特定派遣することで成り立っています。臨床開発を終えた市販後の仕事についても責任を持つ必要があるということなのです。CROのなかでも臨床業務の全部を受け入れている会社もあれば一部だけというところもあります。施設で実質的な業務と、事務的仕事、またデータマネジメントやモニタリングなどの管理業務に通じる仕事なども出てくることがあります。どの部分で自分がいままで磨いてきたスキルがいきそうか、考えてみましょう。そしてCROなら、受託型と特定派遣型がありますので、そのCROの種類によって、多少仕事の内容やその会社での立場が違ってくることでしょう。もしその違いについてわからなければ、キャリアコンサルタントの方に相談してみるといいでしょう。

受託型はだいたい、受託契約によって製薬メーカーからオファーを受けるもので、業務のほとんどはCRO内で行われるものです。CROの事務所内で行うので、派遣された人や契約で雇われた人は、その自社内に通うのです。

特定型派遣では、製薬メーカーの臨床開発において、自社で雇用した社員を、その製薬メーカーに送るものとなります。雇用関係はCROですが、通う場所が違うのです。だいたい契約先のCROに出向く形になることが多く、これは派遣でも契約でも同じですが、パープロジェクトベースで動くことが多いCROの仕事では、派遣というよりも契約といった形のほうが多い印象です。

その場合は、製薬会社内の社員さんとしっかりコミュニケーションをとってやりとりをし、その仕事のなかで自分のできることをやっていきましょう。プロジェクトベースの仕事では、一定の時期ここで過ごし、また次には別の場所へ、といった形での就業スタイルもありえます。受託型のみ、もしくは特定派遣型のみのように決まっている場合、または両方のケースがありますから、それぞれの派遣会社や人材紹介エージェントで見つけてみましょう。

契約社員採用のCRO求人が豊富!「リクナビ薬剤師」利用のススメ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

© 2012-2018 CRO求人サイトランキング