cro求人サイトランキング

CROとSMOの違い

→転職サイトランキングへ

新薬の開発には色々な人の協力によって成り立っています。新薬を作る上で重要な場所として、薬を開発する製薬会社と、新薬が効果のある物なのかを立証し、データーを取る事を行っている医療機関などが上げられます。

CROとはContract Research Organizationの略で、受託臨床試験実施機関の事を言います。主に製薬会社をサポートする事が多く、どちらかというと新薬を開発する側のポジションになります。それに対して、SMOはSite Management Organizationsの略で、治験施設支援機関の事を言い、主に医療機関をサポートする事が多く、新薬を開発する現場側のポジションになります。

CROとSMOの転職事情を見てみると、SMOの方は医療資格や現場経験を持っている方が多いのに対して、CROに転職する方は、医療資格や現場経験者以外にもコンピュータースキルや営業経験者などもおり、現場経験者やスキルなどを持っている以外の人も転職しているようです。SMOで行われる業務は、医療機関で被験者の管理やケア、服薬指導や医師をサポートなど、現場業務が多いのに対して、CRO業務は、CRAやDM、安全性管理など、新薬を全体的にサポートする業務をメインとしている為、CRAに関しては営業経験も役に立ちますし、DMでは英語スキルやコンピュータースキルなども必要になり、医療知識だけでは難しい時もあります。

同じ新薬を作る事を行っていてもSMOの方はどちらかというと縁の下の力持ちのような存在です。被験者のサポートを行い同意取得や心のケアなども行い、他には担当医師に業務説明をするなど、SMOには色々な仕事があります。現場経験者がDMなどに転職を行うと事務仕事がメインなので、仕事に物足りなさを感じてしまう方も多く、現場経験者などはSMOなどに転職すると良いかもしれません。

CRO業務もSMO業務もどちらもやりがいがある仕事です。CROやSMOの求人を探すなら、薬剤師専門の転職サイトで探すと良いかもしれません。CROやSMOなどの求人は滅多に募集を見ることが出来ず、医療知識を要する為、一般サイトではあまり募集を見かけません。薬剤師専門の転職サイトでは、医療関係の募集も多く、自分のスキルや経験を生かした仕事選びが行えます。特にCRA業務に関しては営業経験なども役に立ち、医療現場だけではなく、幅広い業務を行える点も魅力でもあります。CRAに転職を行った方は、仕事にやりがいなども感じている方も多く、色々経験できるので、自分のスキルアップの為にも転職を考えてみてはいかがでしょうか。

人気のCRO求人掲載!「リクナビ薬剤師」で希望の転職をしよう!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

© 2012-2018 CRO求人サイトランキング