cro求人サイトランキング

派遣のCROの薬剤師求人をお探しの方へ

→転職サイトランキングへ

社会全体で多様な雇用形態が広がっている状況です。派遣はそんな雇用形態の多様化を象徴する形態ですが、一方では医療関連業界では看護師に代表されるように雇用形態に一定の規制がかけられていることもあります。CROにおいても派遣で雇用する際にはいくつかの条件や障害があります。

まず医療行為全般で規制となっている派遣スタッフによる医療行為の禁止です。治験業務では被験者の健康管理や新薬の効果のチェックのために採血などの医療行為を行うこともあります。派遣形態でCROで働く場合にはこうした医療行為ができなくなります。難しいのは当初は医療行為を行わないことを前提に派遣された場合でもケースバイケースで求められるケースが出てくること。作業が思うように進んでいなかったり、他のCROのスタッフが多忙だったりするなどの理由からです。もちろん、こうした状況でも医療行為を行うと派遣法の違反となります。

もうひとつの問題は二重派遣の問題です。派遣法では人材をたらいまわしのように派遣するのを禁止しています。派遣会社から某企業へ派遣され、さらにその某企業から別の企業へ派遣されるという形は禁じられているのです。派遣会社からCROへ派遣される場合、さらに治験業務を行う医療機関へ派遣される形になってしまうため、この点が引っかかってしまいます。

こうしてみても一般的にイメージされる派遣形態での雇用が難しいことがわかります。では派遣の薬剤師求人はまったくないのかと言われると必ずしもそういうわけではありません。まずCROならでの派遣形態。つまり派遣会社ではなく、CROに就職したうえで医療機関などに派遣されて働くケース。契約社員に近い形式といえるでしょうか。一般の派遣と異なるのは業務内容がもっぱらCROの業務内に留まること、そして実績次第で正社員へ登用されるチャンスがあること。また、モニタリング業務を伴わない業務で派遣の求人を見つけることができます。こうしたケースでは契約期間終了後の正社員への登用を前提にした紹介予定派遣の形が多いため、やはり正社員への登用のチャンスが多いのも特徴です。

このように、CROで派遣の薬剤師求人を探していく場合にはいろいろと注意点を踏まえたうえで情報のチェックや適切な探し方を行っていく必要があります。その際にお勧めなのが転職エージェントの利用です。プロのキャリアアドバイザーが派遣での雇用におけるアドバイスも行ってくれますから、安心して職探しを行っていくことができるのです。こうしたサービスもうまく利用しつつ、自分のライフスタイルにあった派遣の求人を見つけましょう。

派遣のCRO求人が豊富!「リクナビ薬剤師」利用のススメ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

© 2012-2018 CRO求人サイトランキング