cro求人サイトランキング

英語が活かせるCROの薬剤師求人をお探しの方へ

→転職サイトランキングへ

CROも国際化の流れが進んでいます。もともと製薬業界は外資系の進出が目覚しく、製薬会社で働く場合には薬剤師にも一定の英語力が求められるケースが見られます。そもそも取り扱う薬剤やその原材料が海外製のため説明がすべて英語で記載されていることも多いですし、研究のための学術論文も英語のものを読みこなす能力が求められます。

CROにおいても英語力が求められるケースが増えています。外資系の製薬会社の新薬開発を行う場合にはやはり英語力が必須となりますし、大手やベンチャー系のCROでは海外での治験業務を請け負う例も増えています。外資と関わるだけでなく、企業自ら積極的に海外に進出していくことで英語力が求められるシチュエーションが増えているのです。

もうひとつ、国際的な規模での治験業務を行うCROも増えています。海外の企業や治験スタッフと協力し、国際規模での販売を前提にした新薬の治験を行うわけですが、その際には英語の読み書きだけでなく、スタッフと円滑にコミュニケーションがとれるレベルの英語力が求められます。とくにCROの重要な業務となるモニタリング業務ではコミュニケーション能力が重要な資質となるだけに、英語ができるかどうかがこの仕事におけるキャリア形成の鍵になるといっても過言ではないでしょう。

このように、これからのCROでは英語力が求められるようになっていくことが予想されるわけですが、逆に英語力に自信がある人にとってはチャンスです。薬剤師からはじめてCROへの転職を目指す場合にはこの語学力が大きな武器となります。CROの薬剤師求人を探す場合にはこの点を重視していきましょう。

CROの求人情報には必ず応募条件にかなり細かな条項が記載されています。そして必須の条件と必須ではないものの優遇される条件が併記されているのが一般的です。この優遇される条件の中に英語力が含まれているかどうかを重視してみていきましょう。できるだけ具体的な条件が書かれていればいるほど有利です。

ただ多数あるCROの求人情報に記載されているこうした細かな条件をひとつひとつチェックしていくのは大変です。もちろん自分で調べていくのも大事ですが、転職エージェントのサポートも上手く活用しましょう。事前にキャリアアドバイザーに英語力を活かせる職場を希望している旨を伝えておけばそれに合った求人を見つけてきてくれます。それと自分で探した情報を組み合わせていけばより幅広い選択肢の中から見つけていけます。今後ますます強力な武器となる英語力をできるだけ役立てられるような転職活動を行っていきたいところです。

英語が活かせるCRO求人が豊富!「リクナビ薬剤師」利用のススメ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

© 2012-2018 CRO求人サイトランキング