cro求人サイトランキング

CROの転職面接で気を付けること

→転職サイトランキングへ

CROへの就職・転職活動において重要な鍵を握るのが面接です。どの業種でも同じだろうと思う人も多いでしょうが、CROの場合には面接が重視される特別な事情があります。まず特別な資格を必要としていないこと。おもに医療方面への専門的な知識が必要とされる一方、国家資格といったものは存在しないため、本人の資質やスキルを直接見極める必要があることがまず一点。それからコミュニケーション能力・交渉力がCROの業務において非常に重要な意味を持ってくる点。こればかりは資格では推し量ることはできません。とくに薬剤師から転職を目指す場合にはその資格だけではコミュニケーション能力を判断することが難しいため、面接の比重が高くなります。

そうなると転職面接の対策を事前にしっかりと行っておくことが重要になってきます。どのような質問をされるのか、どういった点がチェックされるのかを把握したうえでアピールできるような受け答えを準備しておかなければなりません。CROの求人情報には求められる資質について記載されているケースをよく見かけます。まずこれが参考になります。コミュニケーション能力、マネジメント業務に関する興味や意欲、協調性、情報収集・分析能力など。こうした点を面接時の受け答えのなかでいかにうまく盛り込んでいくかを考えていきましょう。

まずポイントとなるのは返答は簡潔に行うこと。基本的にはどの質問に関しても1分間以内にまとめましょう。自己PRや過去の実績を説明する際にはどうしても長くなってしまう傾向がありますから注意が必要です。また自己PRは長々とした自慢話にならないよう気をつけつつ、アピールできるものはできるだけ強調して話しましょう。ここで遠慮して中途半端な内容で済ませてしまったり、言い淀んでしまうと自己アピールと自己分析がうまくできていないと判断されてしまいます。

逆に短所の説明を求められることもあります。その際には過剰な自己卑下を避けるのはもちろんですが、先に挙げたCROの資質に関わる点に触れないことが大事です。コミュニケーション能力が求められる仕事なのに他人とのコミュニケーションが苦手です、などと応えてしまうと当然マイナスになります。

コミュニケーション能力と柔軟性・適応性をアピールするためにはハキハキとした受け答えも大事です。とくに薬剤師はこの点がうまくできないことが多いので気をつけましょう。自分一人で転職面接の対策を行っていくのはなかなか難しい面もあるため、転職エージェントでキャリアアドバイザーのサポートも受けながらしっかりと準備していくのがお勧めです。

「リクナビ薬剤師」でCRO求人を探そう!サポートが手厚い!!

リクナビ薬剤師

年間100万人以上の転職を支援している「リクルートグループ」が運営しているから安心です。

リクナビ薬剤師では非公開求人を多く持っており、求人数はなんと35,000件!!

無理な希望であっても、出来る限り希望にあった求人を見つけ出してくれる点が特徴

休暇取得率や職場の人間関係などの採用ページに載らないような情報も伝えてくれます。

面接日の設定など、勤務条件の交渉をキャリアコンサルタントが代わりに行ってくれます。

面接時には担当者が面接に立ち会ってくれるので、面接で緊張してしまう方にはお勧め

電話やメールのサポートにも定評があり、スピーディーに質問にも答えてくれます。

転職できるまで最後までサポートしてくれるので、全面的に信頼する事も出来ます。

リクナビ薬剤師に登録

© 2012-2018 CRO求人サイトランキング