cro求人サイトランキング

CRO企業の中途採用をお探しの方へ

→転職サイトランキングへ

薬剤師の転職は、病院、調剤薬局などに限定されていると思われがちですが、実際はそれ以外の道はあります。それはCROなどの、新薬の開発に携わる仕事です。CROは、製薬メーカーをサポートする仕事です。CROでは薬剤師知識が生かせるので、もし薬剤師の第三の道を目指しているのであれば、このCRO企業への転職や中途採用を目指すのも一つの可能性です。

実際、外資系製薬会社を中心に、求人は増えつつあります。もちろん、CROの仕事の経験があれば、転職も職歴があるということで容易いですが、今回初めてCROへの転職を目指すケース、つまり薬剤師としてのなんらかの職務経験はあるけれど、CRO企業への中途採用を頑張ってみるということでも、受け入れてくれるところは結構あるはずです。

新薬の開発の仕事のなかでも、実際に被験者などと接するのはCROのほうで、同じような業務をしている、SMOという仕事は医療機関側の人間ということになります。新薬の治療を実施する現場で働くのであれば、CROになります。

CROは、Contract Research Organizationという受託臨床試験実施機関で働く人のことです。もちろん転職先探しは、CROで検索すると良いでしょう。CROの仕事は、実際には医療や薬剤に関しての知識がない人でも仕事をしていることが多いので、必ずしも薬剤師の資格は必要ないともいえるのです。でも、もちろん医療系の知識があれば、バックグラウンドとしては申し分ない条件となります。他に、パソコン操作力や英語力など自分のスキルをしっかり発揮すれば、きちんとCROの職務をこなすことができてしまうのです。

もし自分やりたい仕事がCROで医療関係の資格をもっていない、または初めてこの仕事に挑戦するというのであっても、薬剤師の転職サイト等で未経験OKの仕事をたくさん見つけることができます。デスクワーク、つまり事務的な仕事が多いと思われがちですが、実際には被験者とコミュニケーションしたり、人との間に入ったり、いままでの薬剤師としての仕事経験を活かして活躍できます。

他にもCRA(臨床開発モニター)、またはDM(データマネージメント)、QC(品質管理)、安全管理など多岐に渡る仕事が新薬開発の仕事のなかにあるので、その仕事のなかで自分にあっていそうで、興味のあるものを探してみましょう。きっとこれからの自分の仕事に誇りを持つことができるに違いありません。

CRO企業の中途採用が豊富!「リクナビ薬剤師」利用のススメ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

© 2012-2018 CRO求人サイトランキング