cro求人サイトランキング

CROの営業求人をお探しの方へ

→転職サイトランキングへ

CROが担う業務のひとつに営業があります。イメージ的に治験業務のコーディネートを行ったり、結果のデータ収集や統計解析といった新薬の承認に直接関わる業務を担当するイメージが強いCROですが、アウトソーシングの推進によって製薬会社が外部のCROの業者に業務を委託するケースが増えているため、その仕事を増やすための営業もCROの大事な役割となっているのです。簡単に言えば「仕事をとってくる」仕事です。

この営業の仕事が他の職種と異なるのは専門的な知識が問われること。単に自分たちの下で治験を行います、と製薬会社にアピールするだけでなく、どのような方法で行うのか、どれだけ効率よく、正確に行っていけるのかを説明・宣伝できるようでなければなりません。当然薬剤師など専門家を相手に納得させるだけの知識が求められます。営業の手腕と薬学に関する知識の両方が求められる仕事なのです。CROの仕事にはDMや統計解析といったデスクワークもありますが、こちらはまったく正反対の仕事といえるでしょう。

アウトソーシングの推進もあり、営業求人の数が年々増加傾向を見せています。業者同士の競争もその理由として挙げられます。そのためどうしても即戦力を求める傾向が強く、営業経験を求める求人も増えています。また、医療機関をはじめ各地を忙しく移動して回る仕事のため、自動車免許の取得を条件にしているケースも見られます。さらに薬剤師の資格に加えてMRの経験を問うところも。そしてどの求人でも必ず見られるのがコミュニケーション力。薬剤師、医師、看護師、検査技師などさまざまな専門家と、相手に合わせたコミュニケーションの能力が求められるのです。

ですから、求人を探す場合にはこうした条件をよく吟味したうえで自分の適性に合ったところを選ぶことが大事です。その際には転職エージェントをうまく活用しましょう。こうした適性やマッチングを求人情報だけで見極めるのは難しいものです。キャリアアドバイザーのカウンセリングや求人先に関する詳細な情報をうまく活用しつつ見極めるのです。また、業者によって全国各地に出張を求められるケースもあるため、そうした実情もキャリアアドバイザーから聞いておきたいところです。

募集そのものは一般公開のサイトでも見つけられるなどそれほど困難ではないでしょう。それだけに量よりも質、働きやすいか、そしてCROとしてのキャリア形成に役立つ職場かどうかを判断したうえで応募するかどうかを最終的に決定することが必要です。

CROの営業求人を探すなら「リクナビ薬剤師」がオススメ!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

© 2012-2018 CRO求人サイトランキング