cro求人サイトランキング

CROの業界動向

→転職サイトランキングへ

CRO業界は日々進化しています。近年のCRO業界は世界に続々進出しており、国際化になりつつあります。また外資系の会社も日本市場に参入しており、日本市場が活発に進化しています。

外資系の会社として有名なクインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社やパレクセル・インターナショナル株式会社などは世界でも有名な会社でもあり、日本にも国際化の波が押し寄せています。国際化される事により、世界基準で仕事をするようになり、共通言語として英語も使われるようになります。

これからCRO業界に転職や就職を考えている方は英語スキルが重要になってくるでしょう。国際化になる事で国際基準になり、社員の方にも外国の人が多くなってきます。社員同士の会話にも英語を使うようになり、ある会社では日本語を禁止している会社や、本社が外国の場合には、最終的な決定は本社によって行われるので、その際には英語で話さなくてはいけないので、今後は英語スキルが必要になってきます。

このような外資系のCROに転職を希望する場合には、英語スキルなどを持っていると採用されやすくなります。よく資格などでTOEICの点数などをアピールする方が居ますが、CRO採用試験では点数よりも面接時の態度で判断する傾向が強く、英語スキルよりも職務経歴や経験などを重視して採用するようです。また、TOEICよりも英語検定1級の方が、英語面接もあり、英語を多様化する職場ではTOEICよりも英語検定を重視する事もあり、入社時に何が何でも英語スキルが必須という訳では無いようです。

国際化になるにつれて、外国の薬も扱うようになります。その際には表記は英語になっているので、DMのお仕事に関しても英語が必須になってきます。またDMに関してはIT化も進んでいます。特に電子機器を多用するDM関連では最新の電子機器なども取り入れるようになってきており、手書きのデーターを電子化するにあたって、コンピューターは必須になっています。医療現場で働いていてDMに転職する方は、パソコンや英語などを必要としなかった為に、転職後にDMのお仕事が合わなかったという話も少なくありません。

薬剤師専門の転職サイトでは、事前に会社の状況や英語の有無なども調べる事も出来ます。外資系CROは専門サイトでは見つからないので、外資系の案件を見つけたい方は専門サイトの利用をお勧めします。今後のスキルアップの為にも外資系は丁度良く、得意な英語スキルを生かしたい方にも外資系のCROはお勧めです。

CROの業界動向を把握するならプロのコンサルタントに聞こう!!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

© 2012-2018 CRO求人サイトランキング