cro求人サイトランキング

ベンチャーのCROの薬剤師求人を探す

→転職サイトランキングへ

ベンチャーのCROの求人は曲がり角に差し掛かりつつあると言われています。CROそのものの市場がこれまで右肩上がりの状況が続いており、市場規模そのものが毎年20パーセント台にも及ぶ伸びを見せていましたが、ここにきてその伸びが鈍化しています。これは沈静化したというよりも需要と供給のバランスが整いつつあるということなのでしょう。また企業の統廃合が進んでいるのも特徴です。需要の増加は同時に多様化ももたらしており、製薬会社からのさまざまなニーズに応えられる環境が求められているのです。そうなると当然企業にもある程度の規模が求められますから、需要に応えられないところは脱落し、あるいは統合されながら市場の再編が今後続いていくことが予想されているのです。当然この状況はCROの求人にも影響を及ぼします。

まずこれまで続いてきた人材の売り手市場の状況が変化し、企業の側が人材を選ぶ状況になっていくでしょう。薬剤師や看護師など医療関係の資格を取得していれば未経験でも積極的に採用するケースが多かったのですが、これからは求められる業務に対応できるだけの能力、経験、知識が求められるようになります。これはCRO全般に言えることですが、とくにベンチャーにおける積極的な事業展開が見られていることから、薬剤師求人を探していく上でこの点は重要なポイントとなります。

そのため、ベンチャーの薬剤師求人を探す場合にはどのような人材が求められているのかを確認し、自分がそれに応えられるかどうかをあらかじめ確認しておくことが大事です。また求められる業務が自分に向いているかどうか、目指すキャリア形成に役立ってくれるかどうかも見定めておく必要があります。業務の多様化は同時にスタッフの業務の専門化をもたらします。特定の分野、とくに近年では抗がん剤方面での専門的な業務が増えており、そうした環境に適合できるかどうかも求められるのです。

もうひとつ、ベンチャーのCROの業務において近年増えているのが海外への展開、とくに中国をはじめとしたアジアエリアでの業務が増えています。長期の出張が増える点も覚えておきたいところです。

こうした事情を踏まえた上でベンチャーのCROの薬剤師求人を探す場合には求人情報やそこに掲載されている待遇だけでなく、企業の情報についても事前の細かな情報収集が求められます。そんな求人探しで役立つのが転職エージェントです。転職情報を提供してもらえるだけにとどまらず、企業の情報、とくに求人情報からは見えてこない内部事情なども詳細に教えてもらうことができます。キャリアアドバイザーとよく話し合い、長く働けるやりがいのある職場を探していきましょう。

人気のCRO求人掲載!「リクナビ薬剤師」で希望の転職をしよう!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録

© 2012-2018 CRO求人サイトランキング